オーナー向け情報

資転勤シーズン到来!単身赴任者には家具家電付きの需要増!

2017.11.10

キャッシュフローから問題点に注力します!

お部屋が決まらないことは勿論問題点です。
私達はただの条件変更は致しません。オーナー様の背景とこれからの不動産経営を見据えて、理想の状態になるように賃貸経営のサポートという視点で、解決にのぞみます。ご興味のある方は、まずはお気軽にご相談ください。

【9月10月転勤シーズン到来!
法人契約の単身赴任者には家具家電付の需要増!!】

【物件情報】
築年数:2015年7月
鉄骨造:4階建て
住所:東京都大田区蒲田2丁目
京急薄田駅徒歩9分
広さ: 22.84㎡

2015年築の築浅物件。広さは約20㎡、パス・ト イレ別で居室は6帖とオーソドックスなお部屋。
近隣には単身者向けの物件も多く、競合物件がひしめく立地。今回の成約は駅から近いという立地面も大きく影響しています。それ以外でも工リアによっては学生需要もあります。実習が多くなる10月11月の時期を見てお部屋を探されるケースもあります。閑散期の空室対策の一つにご検討してみてはいかがでしょうか。
【背景】
約2ヵ月の空室のお部屋です。
近隣よリも少し高めの賃料の為、時期を逃すと長期空室の可能性もありました。
【取組内容】
①通常賃貸の募集と、家具家電をレンタルするパターンの募集と2種類の募集を併用し募集。
②家具家電付で成約した場合は、弊社で貸し出しを行う為、オーナー様のご負担はありません。
【結果】
家具家電付プランで、法人契約のご転勤の方で成約となりました。狙い通りのターゲッ卜層での成約です。
また、すぐに転勤先で働く必要があるとのことで、お申し込みから約1週間でご契約開始となり、空室期間を更に縮めることが出来ました。
(※家賃等の条件も変えずに成約です。)

~今後の入居者ニーズへの対応~
JINTO (日本政府観光局)の推計によると、2017年8月の訪日外客数は前年同月比20.9%増の247万8千人で、8月単月としても過去最高を記録しました。年間でも初の2500万人越えしそうです。東京五輪に向け、増々海外から日本に来られる外国の方が多くなる見込みです。これは日本に対しての関心が高まっている証拠であり、羽田空港のある大田区はより海外の方が多く住む地域になることが予想されます。今後はよりグローバルな視点での空室対策を検討する必要が見込まれます。