オーナー向け情報

日本では不動産に関わる税金が多く、対策が必要です。

2017.10.12

Q.なぜ相続の相談で不動産会社(賃貸管理・仲介)に相談する
 人が増えているのか?

日本では不動産に関わる税金が多く対策が必要です。保有している時の税金は固定資産税、都市計画税がかかり、取得した時には印紙税、登録免許税、不動産取得税、贈与税、相続税がかかります。売却した時|こ、印紙税、譲渡所得税、貸している時にも不動産所得税がかかります。

 

なかでも相続税の申告における財産のトップが不動産です。
所有する不動産のなかで「いつ」「どの不動産に」「どんな対策を打つのか」が、評価にも承継にも、資産形成にも、大きな影響を与えます。

例えば・・・
A物件は売却しないで承継するべき・・・
B物件に小規模宅地の評価減の特例を使う・・・
C物件は建物だけの生前贈与する・・・
等、物件に応じた対策を講じる必要があります。


より良い相続対策の準備には、課題やニーズに合わせた経験豊富な専門家選定と、早めの現状分析が、欠かせません。