オーナー向け情報

法人を活用して所得を分散する方法

法人化はなにが有利?今一度メリットを見直しましょう

現在、個人で所有している資産を法人の所有とすることで税金の負担を軽減したり、相続時の対策をすることができます。

法人を活用して所得を分散することで一人のオーナーに集中する高額な所得税負担を防ぐことができますが、いくつか方式があるので整理してみましょう。

同じ法人を活用する方法でも、不動産保有方式のほうが所得が分散され、より対策の効果が高くなる、と言われています。また、将来の相続対策への対策の自由度も高くなっています。下記は、法人化の目安として、かかる費用と個人、法人それぞれの所得税率の目安を掲載しています。一般的に家賃収入3,000万円以上、課税所得1,000万円(500万円)以上であれば法人所有形式が有利と言われていますので、ご自身の現状と見比べて上手に活用してみてはいかがでしょうか?