オーナー向け情報

急速に導入事例が増えているホームステージング

2018.12.10

繁忙期直前、低コストで出来る空室対策!
「賃貸ホームステージング」のご提案

ホームステージングという言葉を聞いたことがありますか?現在、不動産業界で、急速に導入事例が増えているホームステージングとは、居室の片づけや掃除、家財梱包・整理収納を施すとともに、インテリア演出などで室内を見栄えの良い空間にする技術です。

売却予定の中古住宅や、賃貸物件の空室の内見に導入することで、訪れたお客様が実際の生活空間をイメージしやすくなるというものです。代り映えしないガランとした住空間を内見のお客様に見せてもなかなか反応がなかったのが、ホームステージングを施した部屋を紹介すると、イメージが湧き成就につながるケースが多いと言われています。空き室・空き家の効率的な賃貸成就や中古物件の売却でも役立つ技術として住宅・不動産業界で注目を集めています。
ホームステージングのプロを輩出する動きも活発です。日本ホームステージング協会では、認定資格「ホームステージャー」の育成に取り組んでおり、2017年度には2000人を超えたそうです。

実際、住宅・不動産事業者での導入が相次いでいます。新築分譲の、マンションのモデルルームや、一棟モデルハウスにもホームステージャーの提案を取り入れることで同様の効果が出てきているようです。
昨今、賃貸住宅のオーナー様から、保有物件を売却したいといった相談が増えていますが、収益物件の売却においても、ホームステージングにより室内にオシャレな家具や装飾を施すことで、早期の売却につながると考えています。まだ中古住宅の売却での取り組みが圧倒的に多いですが、賃貸住宅オーナー様が、見合ったコストの中で賃貸住宅の集客活動にも、さらに応用できると考えられます。

左記は、大手家具量販店において、お手軽にできるホームステージングとして、家具セットが、レンタルできるプランです。今の入居者は、インターネットでの部屋探しが主流を占めており、ポータルサイト上の物件写真を見ての判断が、成就の決め手になっているともいえます。これからの繁忙期に備え、低コストで居室内を飾り立てる賃貸ホームステージングを考えてみては、いかがでしょうか?