オーナー向け情報

所有物件のなかで、資産の状況確認と将来に向けた棚卸しが優秀な資産継承のポイント!

2017.04.06

不動産はもはや、保有し続けるだけでは、大きな時代の波を乗り切ることができなくなってきました。不動産の価値はその不動産が産み出す収益力によって決まります。将来を見据えて、より多くの収入を生み出す優良な資産への組み替えや、再利用のための投資を行うことで資産を増やし、承継する時代に入っています。
不人気エリアの物件を売却して、人気エリアの物件を購入する。地方の物件を売却して都心の物件を購入するなどの不動産の組み換えはよくありますが、今回は修繕費用のかかる物件を売却して、土地は小さくなりますが、メンテナンスのされた人気エリア物件に組み換えたケースで考えてみます。

「これから修繕等で費用がかさむ物件を、思いきっていい物件に買い換えたい!」

所有物件のなかで、資産の状況確認と将来に向けた
”棚卸し”が、優良な資産承継のポイントです!

所有不動産の現在と将来の価値を、収支(所得税対策・CF対策)・評価(相続税対策)の両面で推測します。

推測結果に合わせ、最適と思われる資産の状態を形成していきますが、数値化できない不動産の背景(価値に関わらず、残す必要がある資産)を考慮して対策を決定します。