オーナー向け情報

退室対策事例のご紹介

2017.06.21

キャッシュフローから問題点に注力します!

お部屋が決まらないことは勿論問題点です。
私達はただの条件変更は致しません。オーナー様の背景とこれからの不動産経営を見据えて、理想の状態になるように賃貸経営のサポートという視点で、解決に臨みます。ご興味のある方は、まずはお気軽にご相談下さい。

【課題】ニーズの少ない2K・立替も検討の中の対策
【解決策】リノベーション

物件情報
築年数1980年
場所:東京都大田区大森北4-18-3 大森北駅徒歩7分
鉄骨造 階数/1階(3階建) 広さ 32.90㎡

5月上旬時点でリフォーム中ではありますが、お申込みとなりました。 30年程ご入居頂いていたお部屋の為、室内はそれ相応ではございましたが、完工後の間取り図とリノベーション内容をしっかりと募集条件に記載をすることで、お申込みに至りました。築年数を考え、建て替えも視野に入れる必要もございましたが、あと10年は保ちたいというオーナー様の意向もあり、今回はリノベーションを行いました。

【背景】
30年来の入居者の退去の為、原状回復に費用が掛かる。
ニーズの少ない2Kの間取り。

【取組内容】
●入居者ニーズから、2Kをあえて広い1Kへの間取り変更。
●古くなった設備も一新

【結果】
リフォーム中に、お申込みとなりました!
現在もリフォーム中です!(5月上旬時点)

【キャッシュフロー】
総額1,650,000円(内原状回復費用600,000円)
リフォームによる金額のアップ額9,000円
利回り10%以上=家賃のアップ額×12ヵ月÷(工事総額-原状回復)=10.28%
※間取りの変更だけでなく、浴室も入れ替えることで、お客様に良いアピールになり、成約に至りました。

~今後の入居者ニーズへの対応~
繁忙期が過ぎ去り、GWもあけ、お部屋探しのお客様が目に見えて少なくなってきました。これから夏に向け、閑散期に突入します。昨年はこの時期から期間限定で礼金やフリーレント、広告料などのキャンペーンをうつことで成約に結びつけました。新築物件も増えています。閑散期に空いてしまったお部屋を成約する為には、何かしらの特典やお得感が選んでもらうポイントの1つとなります。ご提案させて頂くこともあるかと思いますのが、是非ご検討ください。