オーナー向け情報

普通賃貸物件をマンスリーマンションとしてサブリースを提案

2017.08.10

キャッシュフローから問題点に注力します!

お部屋が決まらないことは勿論問題点です。
私達はただの条件変更は致しません。オーナー様の背景とこれからの不動産経営を見据えて、理想の状態になるように賃貸経営のサポートという視点で、解決にのぞみます。ご興味のある方は、まずはお気軽にご相談下さい。

【普通賃貸だけじゃない!
駅近ファミリータイプのマンスリーマンションの需要拡大中!!】

<マンスリーマンション運用事例※借上げ事例>
事例①:東急多摩川線『矢口渡駅』徒歩2分
    1991年築 RC造4階建て3階部分 2DK(38.34㎡)
事例②:東急池上線『池上駅』徒歩3分
    1972年築 RC造4階建て3階部分 2DK(37.80㎡)
事例③: 京浜急行線『大森町駅』徒歩2分
    1989年築 RC造4階建て3階部分 2DK(40.87㎡)
事例④:京浜東北線『蒲田駅』徒歩8分
    1993年築 RC造5階建て3階部分  2K(30㎡)

【背景】
築の古い物件は賃料等の諸条件を緩和するか、大きくRFするかの選択を迫られます。弊社ではマンスリーマンションを運営していることから、新たな空室対策を実施。外国人対応が増えているため、普通賃貸で貸している物件をマンスリーマンションとしてサブリースを提案。

【取組内容】
●普通賃貸で募集するお部屋を借上げ、家具家電や生活備品を設置し、マンスリーとして運用。
●温水洗浄便座など必要最低限の設備を設置。低コストの部屋作りで空室対策。

【結果】
築古のマンションを相場賃料で借上げ、オーナー様の安定した収入を実現。原状回復の負担なども弊社で持つため、大きな出費もなく、解約時も弊社で原状復帰のため、低リスク。※オーナー様の更新料収入はなくなります。

~今後の入居者ニーズへの対応~
元々、マンスリーマンションは短期出張や単身赴任の方向けの1Rのお部屋がほとんどでした。ですが近年、外国からの観光客や法人さんのニーズから、ファミリータイプのマンスリー利用の需要が伸びてきております。ただ、供給数はまだまだ少ないのが現状です。外国籍の方がご入居した際のトラブルを嫌ってあまり好ましく思わない方もいるのは事実ですが、弊社は外国籍のスタッフも在籍しているため、クレーム等への対応させて頂いております。家賃を維持して高稼働を実現しています。