オーナー向け情報

空室の原因を知る!

キャッシュフローから問題点に注力します!

お部屋が決まらないことは勿論問題点です。
私達はただの条件変更は致しません。オーナー様の背景とこれからの不動産経営を見据えて、理想の状態になるように賃貸経営のサポートという視点で、解決にのぞみます。ご興味のある方は、まずはお気軽にご相談ください。

◆問題点の抽出 ネットor問い合わせor内見?◆


【今の状況知るための3つのステップ】


【ステップ1】 ~インターネットで検索されているかどうか?~
検索方法⇒不動産会社が登録するスーモで閲覧数が検索可能
問題:ここで閲覧されていないと成就に結びつかない
対処方法⇒閲覧数が伸びていない場合は、条件変更が必要

【ステップ2】 ~電話問い合わせがどれくらいあるか?~
検索方法⇒自動音声案内システムで、検索可能
問題:問い合わせが少ない場合は、ライバルが多いことが予想されます
対処方法⇒業者周知や、お得になるキャンペーン、設備投資、
     ネットの掲載の見直しを実施

【ステップ3】 ~案内が入っているかどうか?~
検索方法⇒自動内見受付から検索可能
問題:①案内がない=ステップ2の対策が不十分
   ②案内があるが決まらない=他の物件に充てられている、
    共用部室内に問題がある等
対処方法⇒現地の確認に行く。案内した方に理由を聞く等
 2019年に入り賃貸の繁忙期シーズンに突入致します。年末から解約も増えてきているため、今年も忙しくなることが予想されます。繁忙期だから決まる!と思っていらっしゃいませんか?
 1~4月、確かにお部屋は決まりやすいです。実際に家賃や礼金を上げて成就することもあります。ですが決まらない物件は、やはり決まりません。この時期を機会に一度、お持ちの不動産の空室診断してみてはいかがでしょうか。