オーナー向け情報

公正証書遺言の制作費用は大きく3つあります

Q.自分が高齢になり、亡くなった後のことを考え出しています。
  公正証書遺言の作成を検討したいのですが、どれくらい費用が
  かかるものでしょうか?

A.遺言を作成されるのであれば、安全性と確率性から、
  公正証書遺言を活用するのは良い方法ですね。
  主にかかる費用の目安をご回答します。

現金預貯金、株を「100」としたときの評価額(目安)

 証人を誰にするか、などにもよりますが、比較的費用が高い信託銀行などのケースは総額で40万ほどかかるケースもあるようです。
 ご自身のケースに合わせ、専門家を選ぶことをおすすめします。