オーナー向け情報

相続対策としての「生前贈与」について

相続対策としての「生前贈与」について

贈与とは、一方が無償で事故の財産を相手方に与える意思表示をし、相手方がこれを受諾することによって成立する契約であります。

今回は、贈与に関する制度の1つ、「暦年課税制度」についてご説明いたします。

暦年課税制度

暦年課税制度は1月1日から12月31日までの1年間に贈与された財産の総額に対して課税される制度です。そして、これには契約書が必要になります。贈与は契約行為なので、契約が成立したことが証明できなければ後々税務上問題になるケースがあります。
暦年課税制度は一人当たり年間110万円までの基礎控除があります。つまり、年間110万以下の贈与であれば贈与税がかからず、申告をする必要もありません。一人当たり1年間で110万円までというのは、贈与される方の人数なので、複数人から贈与を受けても一年間に110万円までの控除です。
一般的に贈与は家族内であまり深く考えずに普通に行われており、お子様やお孫さんに財産が渡されています。贈与税は高いというイメージを皆さんお持ちなので、年間110万円までに抑えて渡されています。110万円を超えた分は申告しなければなりませんが、逆に110万円以内の贈与で契約をしていないと、贈与をしたという証拠が残らないことになります。税務署の調査時にお父さんからお子さんの口座にお金が移転されていても、それが贈与であったという証拠にはなりません。贈与は契約行為なので、その証拠が残って初めて贈与の成立とみなされます。後でお父さんが亡くなったとき、税務署は、贈与の証拠がなければこの移転したお金はお父さんの相続財産とみなし、相続税を課税します。