オーナー向け情報

借地権の新法・旧法について


借地権には「新法」と「旧法」があると聞きました。具体的には何がちがうのですか?

 


借地権には、所謂「新法借地権」と「旧法借地権」の二つの借地権が存在します。大きな違いとしては「契約締結の時期」と「契約の存続期間」です。

平成4年7月以前に締結された借地契約は「旧法」、平成4年8月以降に締結された借地契約は「新法」となります。(※原則として「旧法」の契約はずっと「旧法」のまま引き継がれていきます。当事者間で新法への適用を認めれば新法が適用されます。)

また「新法借地権」には「普通借地権」と「定期借地権」があり、新法の普通借地権には、旧法と違い非堅固建物(木造)と堅固建物(RC・鉄骨造)との区別がなく、契約期間は一律30年となります。その後1回目の更新時の契約期間は20年、2回目以降では10年となります。

さらに「定期借地権」では、法定更新ができず、期間満了時に借地人は土地を更地にして地主様に返還しなければならないのです。「一度貸したら返ってこない」といわれている旧法借地権に比べて、土地の管理が容易になり、将来的な土地の流通にも繋がるため、新たに設定されました。

ただ、旧法借地権は借地人の権利が非常に強く、逆を返せば借地人がその権利を手放すわけもなく、大田区でも新法借地権はほとんど存在しないのが現状です。
ただ地主様と借地人様の合意があれば更新時に新法に移行することもできますので、知識としてお持ちいただく方が良いかと存じます。

次回から、さらに新法・旧法の違いを詳しくお伝えしていきます。