オーナー向け情報

賃貸経営【バランスシート経営で資産活用できているかチェックしよう①】

今お持ちの現金、土地、自宅や、アパートなどの不動産・・・。将来を見据えて上手に活用できているのかどうかの、判断基準はご存知でしょうか?毎月の収支明細とにらめっこしたり、定期的な納税通知や確定申告が発生する度に、預金通帳を見て一喜一憂する事もあると思いますが、今回はご自身の資産が、増えているのかどうかの判断の仕方、について取り上げたいと思います。

資産をチェックするためのバランスシートとは

左は、ご自身の資産をある時期でチェックした場合の資産の構成表です。上部に資産の部、資本の部、とありますが、それぞれ
【資産の部】
 ご自身の資産がどのような内容になっているか?
【資本の部】
 ご自身の資産をどのように調達しているか?
という資産の現状を一目でわかるようにした表は、一般的に貸借対照表、バランスシート、などと呼ばれています。

資産が増えているかどうかをチェックするには・・・

こういったバランスシートは、法人化されているオーナー、もしくは会社経営者の場合は、毎年作成しますが、個人のオーナーの場合、作成する機会が少ないかもしれません。
大事なのは、バランスシートを毎年作成し、資産が増えているかどうかをチェックすることです。
バランスシートを作成することで、『現金は少しづつ増えている(左上現金)が、アパート自体は老朽化し価値が下がり(左下建物)、資産の部全体は目減りしている』『活用している資産がなく、固定資産税などで毎年現金が減っていく=資産全体が減少している』などの現状を把握することができます。また、今後も資産が増えていくのか、それとも減っていくのか、ということがわかってきます。
是非、この機会にご自身の資産をバランスシートで整理してみてはいかがでしょうか?

 

バランスシート経営に関する詳しい説明は

セミナーで行っております。

お気軽にご参加ください。

【入居率UPセミナー】