オーナー向け情報

民泊運営 ミノラス不動産

まち泊とは・・・

マンガで分かる「まち泊」はこちらから!

セミナーでも詳しくお伝えします。

 

 

「民泊」とは異なる「まち泊」2つポイント

「まち泊」はいわゆる「民泊」と異なり、利用者さんへ宿泊施設の提供で終わらず、利用期間中に地域のお店などでの体験交流を通して、日本の文化や地域の文化に触れてもらいながら、「大田区」という街を好きになってもらうことを第一に考えている取り組みです。

「まち泊」は、民泊とマンスリーマンション、家具家電付き賃貸の3つの貸し方を、運営期間に合わせて行う「ハイブリッド運用」になります。

民泊は、新法を活用すると法規制もあるため、1年間の稼働は難しくなります。また、年末年始や長期休暇といった旅行シーズンに稼働が見込まれますが、それ以外の期間ですと利用客が減ることが予測されます。そこで、宿泊施設として稼働しない時期に、マンスリーマンションや家具家電付き賃貸として貸し出すことで、年間通して稼働を高めることが出来ます。

詳しくは、民泊運営セミナーで解説いたします。


ミノラスに任せるポイント

【1】ハイブリッドプラン

ミノラスのハイブリッドプランは、一般的なサブリース運営よりも収益性が高く、

さらに、民泊の稼働状況に関わらず、一定額の収入が安定するプラン

【2】運営イメージ

【3】収益イメージ

 


こんな方におススメの運営方法です!

一つでも当てはまる方は、ぜひ、お問い合わせくださいませ。

お問い合わせこちらから


関連記事

1、民泊運営の仕組み  

2、共同住宅とホテル旅館業の建築基準法の注意点

3、民泊運営の税金

4、民泊×マンスリーマンションの「ハイブリッド運用」