オーナー向け情報

相続時精算課税制度

相続時精算課税制度

【相続時精算課税制度】
相続時精算課税制度とは、生前の贈与を促進するため贈与時には贈与税を課税しないで、亡くなった時に相続税として課税する制度です。ただし、贈与した金額が2,500万円を超えると、超えた金額は贈与時に課税されます。一度、この制度を選択するとその後の年の贈与でもこの制度の対象になり、贈与税の基礎控除110万円がなくなります。

【どんな人が利用するとメリットになるか?】
1.元々相続税がかからない見込みの人
相続時精算課税制度で生前に贈与した財産に贈与税がかからなくても、相続時には相続財産に組戻されて相続税の計算がされます。しかしその他の相続財産も合わせて相続税の基礎控除枠内に収まる見込みであるなど、相続税がかからないことが見込まれる場合には、組戻し計算をされても相続税は発生しません。従って生前贈与2500万円分が無税になるメリットをそのまま享受できます。このような場合で生前贈与をしたい事情があるならば検討価値が出てきます。
2.値上がりが確実な資産がある人
相続時に組戻し計算される際には、贈与時の価格で計算されます。従って将来値上がりすることが確実な資産を事前に生前贈与することで、 値上がり分を評価額に算入しなくて済む分お得になります。
3.収益物件がある人
アパートなどの収益物件から発生する家賃収入等はそのままでは将来の相続時に相続財産として相続税の対象になりますが、相続時精算課税制度で 生前に贈与すると以後の家賃収入は受贈者のものになります。従って相続財産の増加を防ぎその分相続税の負担を減らすことができます。ただし贈与に伴う登録免許税は相続による場合よりも高くなるので利点だけではないことに留意する必要があります。

【デメリット】
1.暦年課税制度には戻れない
一度に多額の財産を生前に無税で贈与できるからといって相続時精算課税制度を一度でも利用してしまうと、年間110万円までの贈与税の非課税枠が使える暦年課税制度には二度と戻ることができません。暦年課税制度は上手に活用することで十分な旨みを享受できるポテンシャルがあるので、よくよく考えたうえでなければかえって損をしてしまうことになりかねません。
2.小規模宅地の特例が使えなくなる
一定規模の宅地について相続税評価額を減額計算できる小規模宅地の特例は、相続や遺贈によって 取得した財産が対象になり、生前に贈与された財産は特例の対象外になります。小規模宅地の特例 が使えるケースであるのにこれを考慮しないで相続時精算課税制度により生前贈与してしまうと、 かえって相続税の負担の方が大きくなる恐れがあります。

相続対策について、個別でのご相談も承っております。お気軽にお声掛けくださいませ。