オーナー向け情報

大規模修繕の判断時期と進め方

2020.08.10

大規模修繕の判断時期と進め方

前回は、大規模修繕にかかるコストを国交省の平均データから試算する方法について記載しました。今回は、大規模修繕の見積の見方について大切なポイントを3つに分けてご説明します。

■ポイント① ≪見積は複数社で取得する≫

大規模修繕の場合、金額が高額なので見積は2~3社から取得し、比較できるようにします。その際の留意点としては、同じ仕様・内容で見積もりを取得することで、比較しやすくなります。また、施工業者により得意としている分野(塗装、防水、足場など)が違いますので、施工業者の特徴(得意分野)を把握することも重要です。

■ポイント② 建物診断報告書を取得する≫

見積取得時に施工業者に頼んで作成してもらいます。建物診断結果が細かく記載されていると、隅々まで点検を行う業者であると判断できます。また、修繕方法が適切に記載されていることで、安心して注文することができます。

■ポイント③ ≪複数社比較表を作成し、修繕内容とコストを検討する≫

取得した見積書を、左図のように、工事に必要な項目に分けて表にします。見積を出してくれる施工業者さんによって、項目内容が異なっていたり、単価が変わりますので、整理することで各施工業者さんの強みも一目で分かるようになります。
そして、大規模修繕は足場・塗装・防水・タイルなど、オーナー様が施工業者さんを分離発注することができないため、元請け業者を選定する際は、金額だけでなく工事内容もしっかりと吟味し、コストパフォーマンスが最も良い施工会社へ依頼することをお勧めします。

大規模修繕は、分譲マンションでは長期修繕計画書を作成して計画的に実施されていますが、賃貸マンションの場合にはオーナー様の資金的な面もあり、計画的に実施されていないケースがあります。建物全体の修繕を後回しにしていると劣化が進行していき、結果として通常よりも多額の修繕費が必要になることもあります。ミノラス不動産では、オーナー様が計画的に大規模修繕が行えるように、長期修繕計画を作成しております。新築でなくても今後の計画として作成できますので、ぜひ、お声掛けください。