オーナー向け情報

借地権の活用事例

2020.08.10

借地権の活用事例

いつもお読みいただき有難うございます。底地権・借地権について、歴史的背景から資産価値向上までシリーズでお届けしてまいります。何卒宜しくお願い申し上げます。

■底借地の活用事例(資産価値向上「最大化」を目指して)

回は、最近ご相談が増加しております借地人様の相続が発生した借地権の「底借地同時売買」事例を、ご紹介いたします。

相続後の借地権の処分方法

底地や借地のご相談で増えているケースがあります。それは、相続したのは良いものの、その借地権をどうすれば良いのかわからない、というご相談です。
このようなご相談が増えている背景として、借地権上の建物に昔から一家で住んでいたが、子供は結婚して独立し、別の場所にご自身の住まいを持っており、実家である借地権上の建物には高齢の両親が住んでいるという家族が増えていることが考えられます。そのため、ご両親の相続が発生した際に、相続人である子供としては、借地権をどうしたらよいのか悩んでしまうということがあるようです。

■事例

ある借地人のご子息A様から「相続が発生したので借地権の書換や今後のことを相談したい」とご連絡をいただきました。借地権を所有されていたお母様がお亡くなりになり、ご子息であるA様が相続したという状態です。
当初、A様は相続した借地権の場所は、昔生まれ育った実家でもあるので、①今住んでいるところを処分してこちらに戻る、という選択や、②地主様から底地権を買い取って所有権にして賃貸併用住宅を建築するということも検討されていました。どちらも資金が必要になりますが、借地人A様には手持ち資金もなく、建替えるにしても借地権で融資が受けづらいということで困っていらっしゃいました。
そこで弊社の方で、地主様へ今後この底地をどう活用したいかというビジョンをお伺いしたところ、地主様としては、飛び地のため処分しても構わないというお考えをお持ちのことがわかりましたので、地主様にも借地人様にも「底地・借地の同時売却」のご提案をし、同時売却で進めることとなりました。

借地権の処分方法としては、左図の4つのパターンがあります。底地人様と借地人様のビジョンや経済状況により、どの処分方法が良いかは変わります。
しかし、底地人様が売却を検討したいとなると、底地だけの売却であれば更地価格の僅か1割程度にしかなりませんし、借地人様としても借地権だけを売却するとなると承諾料も必要となってくるため、お互いに一番高く売却する方法としては、この事例のように底地借地同時売買が最も適していると言えます。


底地・借地は資産価値を最大化するための活用だけではなく、底地・借地解消=売却して現金化、他の資産へと組み替えるという方法も活用の一つです。大切なご資産を次の世代へつなぐためにも、地主様だけでお悩みにならず、セカンドオピニオンとしてでも構いませんので、まず一度ご相談をいただければと存じます。地域不動産の資産価値向上「最大化」、地域を知り尽くした不動産活用でこの街を元気にすること、これがミノラス不動産のミッション(使命)です。
ぜひお気軽にご相談いただければと存じます。