オーナー向け情報

敷地の特性を活かす

2021.04.10

現在建設計画進行中の大田区某所の木造2階建てのテラスハウス。当初、建築主様は建築計画を当社の設計で決めていただくにあたって某ハウスメーカーとの比較検討をされてらっしゃいました。

最寄駅から15分以上の当該計画地に某ハウスメーカーの計画は30㎡~40㎡の1DK4住戸を画一的に配置。当社の計画はファミリーをターゲットにした70㎡超2戸の2LDKメゾネットタイプで上階LDKからは全戸、運河の眺望、風通し、プライバシーを意識した間取りで、ワークスペースや土間を設え、多様なライフスタイルに順応したプランとし、駅からの距離間のデメリットを感じさせないプランとしました。建築主様はハウスメーカーのアパートプランとの比較検討の末、当社のメゾネット型テラスハウスの計画を選んでいただきました。

各々の敷地が持つ特性は様々です。

不整形地や狭小地、周辺環境等の表面的な特性の他、地盤の良しあしや日当たりや風の流れ等の目に見えない特性等。

当社の建築計画においてはその土地が本来持つ様々な特性を活かし、その場が持ち合わせるポテンシャルを引上げ資産価値【最大化】を目指しております。

地域不動産の資産価値向上「最大化」、地域を知り尽くした不動産活用でこの街を元気にすること、これがミノラス不動産のミッション(使命)です。